ドメイン名の取得から高度な活用まで 安心と信頼のレジストラ Doレジ

ICANN認定レジストラ JPRS指定事業者

» STEP1
Office365にドメイン名を設定
» STEP2
Exchange OnlineとLync Onlineの設定
» STEP3
SharePoint Onlineの設定

STEP3 SharePoint Onlineの設定

Exchange OnlineとLync Onlineの設定が完了したら、SharePoint Onlineの設定を行います。

ここでは www.example.jpをSharePoint Onlineで用いるものとします。
なお、Microsoft社の仕様上、SharePoint Onlineの設定開始まで時間がかかる場合があります。

本ページの内容は、2014年1月Doレジ調べです。

Office365での操作

1. SharePoint Online用ドメインを設定

Office 365 管理者ダッシュボードより[一般向けWebサイト]を選択し、続いて[今すぐ開始]ボタンを押します。

「はじめにいくつか情報が必要です。」の「www.yourcompany.comのような一般向けWebサイトはすでにありますか?」で[いいえ]を選択し、[次へ]ボタンを押します。
(すでにある場合は[はい]を選択し、以降は画面の指示に従ってください。)

まずWebサイトの準備手順全体の概要が表示されますので[手順1を開始する]ボタンを押します。

Webサイトの準備手順が表示されますので、画面の指示に従って「1 Office 365でWebサイトの作成を開始する」「2 一部の人を招待し、お客様のWebサイトの微調整やフィードバックの提供をしてもらう」「3 Webサイトをインターネット上に公開する」を進めます。
ここでは説明しませんので、画面の指示に従って進めてください。

「4 Webサイトアドレスをwww.yourcompany.comに変更する」で[手順4を開始する]ボタンを押します。

「Office 365で作成したWebアドレスを変更する準備はできましたか?」と表示されますので[はい]を選択し、[次へ]ボタンを押します。

「一般向けWebサイトに使用するアドレスを選択してください。」のプルダウンメニューから「www.example.jp」を選択し、続いて[次へ]ボタンを押します。

2. ゾーン情報の準備

SharePoint Online用のDNS設定が表示されますので、サブドメイン名をCNAMEレコードとしてゾーン情報に追加します。画面に表示されたレコードをコピーしてください。

ゾーンファイルの編集

3. STEP1/STEP2で作成したゾーンファイルに、SharePoint Online用のレコードを追加します。

ゾーンファイルのサンプル
例は各レコード左側の独自ドメイン名を省略した記述例です。
(セミコロン(;)から行末まではコメントです。)

※最後の「.(ドット)」を忘れないでください。

$TTL 3600
@	IN SOA	NS1.DO-REG.JP. root.【お客様ドメイン名】. (
    【シリアル番号】	; Serial
    10800	; Refresh 3 hour
    3600	; Retry 1 hour
    360000	; Expire 100 hours
    3600	; Minium 1 hours
)
;
    IN NS	NS1.DO-REG.JP.
    IN NS	NS2.DO-REG.JP.
;
;

; Exchange Online
@	MX	0 【Exchange Onlineのポイント先のアドレス】.
@	TXT	"v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all"
autodiscover	CNAME	autodiscover.outlook.com.


; Lync Online
_sip._tls		SRV	100 1 443 sipdir.online.lync.com.
_sipfederationtls._tcp	SRV	100 1 5061 sipfed.online.lync.com.

sip		CNAME	sipdir.online.lync.com.
lyncdiscover	CNAME	webdir.online.lync.com.


; additional Office 365 record
msoid		CNAME	clientconfig.microsoftonline-p.net.

; SharePoint Online
www		CNAME	【SharePoint Onlineの参照先アドレス】.
注意

必ずシリアル番号の数字を以前より大きい数字にしてください。

・【SharePoint Onlineの参照先アドレス】 (例: example.sharepoint.com)
 上記マイクロソフトの画面で表示されたSharePoint Onlineの「参照先アドレス」。
 「sharepoint.com」にお客様ごとに固有のサブドメイン名が割り当てられます。

・ドメイン名は必ずTLDの最後に「.(ドット)」を入れてください。(TXTレコードの右側を除く)

Doレジ会員専用ページから、無料DNSサービスでゾーンのアップロード

5. ゾーン情報のアップロード

ゾーンファイルの作成ができたら、STEP1/STEP2と同様に、このゾーンファイルをアップロードします。
Doレジ会員専用ページのDNSサービス設定画面下部「上級者向け設定モード」よりゾーンファイルをアップロードしてください。

ゾーンファイルの内容が表示されます。 内容に間違いが無ければ、「この内容で設定する」ボタンを押してください。

コマンドでゾーンが反映しているかチェック

5. ゾーンの更新確認を行います。

アップロードしたゾーンファイルは30分〜1時間程度で公開されます。

Windowsの場合、コマンドプロンプトで下記コマンドを入力して確認できます。

nslookup -type=cname -norec www.example.jp. ns2.do-reg.jp
※対象ドメイン名の後ろに「.」(ドット)を忘れず指定してください。

実行例 (抜粋)
ここで追加したレコードが表示されていれば、新しいレコードが公開されています。


            C:\Users\foo>nslookup -type=cname -norec www.example.jp. ns2.do-reg.jp

            www.example.jp   canonical name = example.sharepoint.com
		

Office365での操作

6. STEP1と同じように、Office365から設定内容を確認します。

Office 365 管理者ダッシュボード画面下部の [完了しました。今すぐ確認してください。]ボタンを押します。

「Webサイトのアドレスを更新しています。(以下略)」と表示されれば完了です。
「完了」ボタンを押してください。
(なおサーバ側の準備が整うまでしばらく掛かります。)

これで Doレジ無料DNSサービスを使ったOffice365(Small Business) の設定は完了です。

» STEP1
Office365にドメイン名を設定
» STEP2
Exchange OnlineとLync Onlineの設定
» STEP3
SharePoint Onlineの設定

このページのトップへ戻る