ドメイン名の取得から高度な活用まで 安心と信頼のレジストラ Doレジ

ICANN認定レジストラ JPRS指定事業者

» STEP1
Office365にドメイン名を設定
» STEP2
Exchange OnlineとLync Onlineの設定
» STEP3
SharePoint Onlineの設定

STEP1 Office365にドメイン名を設定

Doレジ無料DNSサービスでOffice365を設定する手順をご案内します。

以下の説明文では設定する独自ドメイン名を「example.jp」と仮定しています。 「example.jp」となっている箇所は、お客様の独自ドメイン名に置き換えてください。 実際の設定は、画面に表示されている内容に従ってください。

本ページの内容は、2014年10月Doレジ調べです。

Office365での操作

1. Office 365にサインイン

管理者権限のあるアカウントでOffice365にサインイン(ログイン)します。

https://portal.microsoftonline.com/

2. Office 365の初期設定

「Office365」は、利用開始前に初期設定が必要です。

Microsoft社、もしくは販売店にお問い合わせのうえ、ユーザー登録、ライセンス割り当て作業を行ってください。

3. Office365にドメインを設定

3.1 ドメイン名の指定

Office365で用いるドメイン名を、Office365の設定画面で設定します。
Office 365 管理センター画面左側のメニューより[ドメイン]を選択し、続いて[ドメインの追加]を選択します。

「Office 365 にドメインを追加する」と表示されますので、[手順 1 を開始する]ボタンを押します。

「1.ドメイン名の指定」画面で希望するドメイン名(例: example.jp)を入力し、[次へ]ボタンを押します。

3.2 所有権の確認

所有権確認用レコードの準備
「2.所有権の確認」画面で、
「次のレジストラーを使用してこの操作を実行するためのステップ バイ ステップの手順を確認します:」プルダウンメニューから [一般的な手順] を選択すると、ドメインの所有権確認に必要なレコード情報が表示されます。
ここでページ後半の、
「DNS になじみのある方は、次の一般的な手順に従って自分でレコードを作成できます。」の内容に準じて、DNSにTXTレコードを設定していきます。
所有権の確認に用いるTXTレコードとMXレコードが表示されています。
TXTレコードの行をコピーして、メモ帳などテキストエディタに貼り付けてください。
(MXレコードはTXTレコードが使えない場合の予備ですのでここでは使いません。)

テキストエディタを使って、ゾーンファイルの作成

4. DNSサーバーに設定する、ゾーンファイルを作成します。

メモ帳など、テキストエディタを使って下記内容のテキストファイルを作成してください。
【】内の部分をお客様で書き換えて、(sample.zone)など、任意のファイル名で保存してください。

※最後の「.(ドット)」を忘れないでください。

$TTL 3600
@	IN SOA	NS1.DO-REG.JP. root.【お客様ドメイン名】. (
	【シリアル番号】	; Serial
	10800	; Refresh 3 hour
	3600	; Retry 1 hour
	360000	; Expire 100 hours
	3600	; Minium 1 hours
)
;
	IN NS	NS1.DO-REG.JP.
	IN NS	NS2.DO-REG.JP.
;
;
@	TXT	【宛先またはポイント先のアドレス】
注意

【お客様ドメイン名】はお客様のドメイン名に書き換えてください。
ドメイン名の後に「.(ドット)」、「 (空白)」、「((開き括弧)」が続きます。

【シリアル番号】 (例: 2013121200)
ファイルの更新を示すもので、ファイルの更新毎に値を大きくする必要があります。
例のように「YYYYMMDD+2桁の数字」のような形式での記述をお勧めします。

【宛先またはポイント先のアドレス】 (例: MS=ms********)
Office 365 画面で表示された、所有権確認用TXTレコードの「宛先またはポイント先のアドレス」

Doレジ会員専用ページから、無料DNSサービスの申込〜設定

5. 無料DNSサービスの申込み〜設定

お持ちのDoレジ会員IDとパスワードを用いて、「Doレジ会員専用ページ」にログインします。

https://regist.do-reg.jp/login.reg

Doレジ会員専用ページ左側メニューの「DNSサービス」を選択します。

画面中央の「<<DNSサービス登録>>」ボタンを押します。

注意事項及び『DNSサービス利用特約約款』を必ずご確認ください。
「上記約款に同意する(1)」にチェックを入れ、ご利用ドメイン名を選択(2)し、「次へ」ボタン(3)を押します。

『【DNSサービス】ご登録内容確認』画面の内容に間違いがないことを確認し、「この内容で登録する」ボタンを押します。

DNSサービスの登録が完了しましたので、この時点でネームサーバー(DNS)が設定されています。
続けてデータ・ファイルの作成を行いますので、「設定画面へ」ボタンを押します。

DNSサービス設定画面が表示されます。
画面下部の「上級者向け設定モード」より「ゾーンファイルのアップロード」ボタンを押します。

「DNSゾーンファイルアップロード」画面下部の「ゾーンファイルアップロードフォーム」より「参照」ボタンを押し、先ほど保存したゾーンファイル(例: sample.zone)を選択します。
ゾーンファイルを選択したら、「次へ」ボタンを押します。

ゾーンファイルの内容が表示されます。
ゾーンファイルの内容に間違いが無ければ、「この内容で設定する」ボタンを押してください。

コマンドでゾーンが反映しているかチェック

6. アップした内容が反映しているか確認します。

アップロードしたゾーンファイルは、通常15分〜30分程度で公開されます。
すでに利用していたドメインではDNS全体から参照されるまでは時間が掛かる場合が有ります。

Windowsの場合、コマンドプロンプトで下記コマンドを入力して、確認できます。

nslookup -type=txt -norec example.jp. ns2.do-reg.jp

※example.jpはお客様のドメイン名に置き換えてください。
  お客様ドメイン名の後ろに「.」(ドット)を忘れず指定してください。

ゾーンファイルに記述したTXTレコードの内容が表示されれば、成功です。


            C:¥Users¥foo>nslookup −type=txt −norec example.jp. ns2.do−reg.jp

            example.jp      text =

                    "MS=ms********"
		

Office365での操作

7. 設定した内容が正しく公開された後、Office365からドメインの所有権を確認します。

先ほど所有権確認用レコードを表示していたOffice 365 管理者ダッシュボード画面に戻ります。
画面下部の [完了しました。今すぐ確認してください。]ボタンを押します。

「お客様が example.jp を所有していることが確認されました。」と表示されれば所有権の確認は完了です。
「完了」ボタンを押してください。

続いて、STEP2 Exchange Online と Lync Online の設定を行います。

» STEP1
Office365にドメイン名を設定
» STEP2
Exchange OnlineとLync Onlineの設定
» STEP3
SharePoint Onlineの設定

このページのトップへ戻る