Doレジドメイン名の取得から高度な活用まで 安心と信頼のレジストラ DoレジICANN認定レジストラJPRS指定事業者
トップ ドメイン名の登録・管理 ドメイン名活用サービス 法人向けサービス Doレジ カレッジ よくあるご質問
会員専用ページにログイン パスワード忘れ |  料金表 | お問い合わせ | サポート要綱 | サイトマップ | WHOIS |  
Doレジ カレッジ ドメイン使いま専科
MENU
Doレジ若手営業マンによる   
DNSサーバ構築大奮闘記  
素朴な疑問にお答えします   
Doレジ アンサー  
 トップ    Doレジ カレッジ    DNSサーバ構築大奮闘記 第2回
Doレジ カレッジ ドメイン使いま専科
Doレジ若手営業マンによるDNSサーバ構築大奮闘記
第2回

DNSの仕組みを知って
DNSサービスのゾーンファイルを
調べよう!

(2/3)
Doレジ若手営業マンによるDNSサーバ構築大奮闘記 バックナンバーはこちら

ドメインの構造とDNS


冒頭で、「一台のPCが世界中のすべてのコンピュータとそのIPアドレスを記憶している必要がない」ということを書きました。
では、一台のPCがすべてを担う必要がないようにするためには、どうすればいいのでしょうか。
このツリー構造をもつドメインに合わせて、記憶・管理するべき内容を複数のサーバーで分散すればよいのです。
WWW.FSV.JP で例を示すなら、下記のようになります。

ドメインのツリー構造にあわせてDNSサーバーも分散

  • ルートサーバー(ルートDNSサーバー)
  • JPについて管理するサーバー(DNSサーバー)
  • FSV.JP について管理するサーバー(DNSサーバー)
  • このように複数のサーバーで分散するのです。


    もっと具体的に説明しましょう。

    私が会社のPCから WWW.FSV.JP がどこのIPアドレスなのかを問い合わせたいとします。
    会社のPCはそのIPアドレスを知りませんから、どこかのDNSサーバーに問い合わせることになります。
    仮に、社内にあるDNSサーバーに問い合わせることにしましょう。
    このDNSサーバーは、いきなり FSV.JP について管理しているDNSサーバーに問い合わせることはしません。
    もしそのような仕組みなら、他のドメイン ― たとえば WWW.FSV.JP ― について問い合わせを受けたときも FSV.JP について管理しているDNSサーバーを知っている必要があります。
    つまり世界中のありとあらゆるDNSサーバーを記憶しておく必要がでてくるのです。

    実はDNSサーバは「ルートDNSサーバー」という世界に13台しかないサーバーを知っているだけでよいのです。
    どのDNSサーバーもこの「ルートDNSサーバー」だけはどこのIPアドレスにあるかを知っており、まずはそこに問い合わせることからはじめます。

    WWW.FSV.JP についての問い合わせの流れ
    WWW.FSV.JP ドメイン名についての問い合わせの流れ

    <Step 1>
    まずルートDNSサーバーに「JPドメインについて知っているサーバーのIPアドレスが知りたいんだけど・・・」と問い合わせます。
    するとルートDNSサーバーは「JPを管理しているDNSサーバーなら知ってるから、これに聞いてみてよ」と答えてくれます。
    <Step 2>
    そして、JPについて管理しているDNSサーバに問い合わせます。
    すると、このDNSサーバーは「FSV.JP を管理しているDNSサーバーがこれだよ」と答えます。
    <Step 3>
    次に FSV.JP について管理しているDNSサーバーに問い合わせます。
    すると、このDNSサーバーは「WWW.FSV.JP のIPアドレスは 203.183.220.196 だよ」と答えてくれるのです。

    こうやって管理するべき領域を分散することによってDNSという仕組みが成り立っています(これを権限の委譲といいます)。
    この仕組みにより一台のPCに負荷が集中することなく、インターネット上に接続された世界中のコンピュータのIPアドレスを知ることができるのです。



    このページのトップへ戻る
    会社概要 プレスリリース 特定商取引に関する法律に基づく表示契約約款 プライバシーポリシー
    Copyright(C)2002-2017. Firstserver Inc, All Rights Reserved.